ebj

仕立屋工房電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

仕立屋工房能力系バトル漫画が好きな人は仕立屋工房読むべし!

ガンガンから発売している仕立屋工房。

私はかなり初期から買っていて好きなのですが

なかなかのマイナーな漫画。

けっこうおもしろいんだけどなあ

知らない人が多すぎて少し寂しい作品です。

ガンガンとだけあって

バトルあり能力ありファンタジーありな

ガンガンらしいといえばらしい漫画なので

バトル漫画やちょっとマイナーな漫画が

好きな方にはおすすめです。

なんといってもキャラが豊富で

技も能力もおもしろい!

シリアスもあれば笑っちゃう場面も多い。

敵を倒して目的へ進むパターンの漫画では

けっこう地味というか有名な漫画と比べたら

たしかに安定感があるというか

あんまりパッとしないのかもしれませんが

読みだしたら続きが気になる漫画だと思います。

そして何よりキャラクターが可愛くて

絵も上手だと思います。

ただ癖というか王道タイプではないので

人を選んでしまうかもしれませんが

私は大好きなので同じように惹かれる人間も

少なくはないはずです。

主人公が仕立てのスキル、裁縫のスキルが

あるというのも今までになかったストーリーで

とても魅力的だと思います。
なんというか…すごくさみしくなります。

彼氏目線と彼女目線で
話が展開していくのが
非常に面白く特徴です。

男女共にあるある~わかる~と
共感してしまうこと間違いなしです。

リストランテパラディーゾ電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

risutoranteリストランテパラディーゾ是非読んでください!

私はオノナツメさんという漫画家さんが大好きです。

他の作品を読み漁るたびに感嘆と
この人が描く漫画に出会えてよかった…
神様ありがとう…と口からこぼれるほどです。

なんというか、とてもお洒落な漫画です。
スタバやお洒落な場所で読むのに最適というか
容がほんとうにお洒落なんです。

絵柄はやや癖があるので
好き嫌いがすぐに分かれてしまうのですが
このリスパラはわりとオノさんの作品の中では
マイルドで興味がない方もイケメンが好きな人には
是非オススメしたいです。

また、あまり漫画を読まない方でも
楽しめる作品だと思います。

とにかく出てくるのは老紳士から若いおにーさんまで。
カフェの店員さんなんですがまあ夢のようです。

20代後半女の人にはぜひ読んで悶えてほしいです。
こんな大人で素敵な男の人に出会えたら…と
一回は思うはずです。

それくらいどの登場人物もスマートで
お洒落で紳士です。紳士ってこういうことか!
と勉強にもなるので若い男の人にも必見です。

この電子書籍漫画を読んでダンディ好きの
世の女性とダンディでスマートな男の人が
溢れますようにという夢をこめておすすめします。

まんがの作り方電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

漫画の作り方

まんがの作り方というまんがに出会って。

結構前に買っていた漫画なのですが

ものすごく面白くて

オススメしたいものがありますので

ご紹介させていただきます。

ずばり名前は、まんがの作り方。

はて?どんなお話?

漫画家さんのお話かな?とお思いでしょうが

間違ってはいないのですが

とにかく登場してくるキャラクターたちが

可愛くてしょうがないのです!!

平尾アウリさんという方が描いてらっしゃるのですが

私はこの方の他の作品は読んでいません。

なので他の作品と比べてどうこうという

話は出来ないのですが、なんといっても

登場人物設定がおもしろい!

ひとことで言えば女の子×女の子

え…百合漫画なの?それはちょっと…と

お思いのアナタにも是非読んでいただきたいです。

なぜなら、女の子×女の子といっても

そこまで百合ゆりしたお話じゃないんです。

とにかくメインの女の子二人が可愛くて!

またこの作者の方の女の子がとても繊細で

細くてとても好きな人にはたまらない。

ちゃんと漫画家さんのお話なので

漫画家になりたい人や漫画が題材の

お話に興味がある人にも是非オススメです。

登場キャラクターが少ないので

すぐ覚えられますし、かわかっこいい

ちょいヘタれの男の子も出てきます。

道士郎でござる電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

道士郎でござる「道士郎でござる 」を読むと殿って言葉が癖になります( *´艸`)

アメリカのネバダで侍として育って日本に帰ってきた道士郎が平凡な高校生の健助を主君認定したところから始まるのですが、ギャグがきいていて大笑いするシーンもグスッと涙ぐむようなシーンありでとにかくはまってしまい、次巻が出るのが待ち遠しかったです!

特に道史郎に振り回されていくうちに妙に頭のいいところを発揮したりして小心者なんだか大物なんだかという活躍を見えるとこでも見えないとこでもしていく健助が面白くて爽快です!!こっちが主人公なんじゃ?と思った人も多いんじゃないでしょうか?みんなに「殿」って呼ばれるんですが我が家ではずいぶん「殿」が流行りました!!

他の登場人物もなんだこりゃっていうヤンキーな人達がいい味出してます。

所々に散りばめられたセリフも何だか訴えます。「お主はいつ化けるのじゃ!」なんて私には大変なツボでした。

時代に合わない奇天烈な道士郎なのにこんなにスッキリさせてもらうってなんなんでしょうかね・・・こんな人実際いたら会ってみたい!と言ってもこんな人の殿どころか家来にもなれませんが(笑)今の生活に足りないパンチみたいなものを思う存分笑いに乗せて味あわせてもらえる電子書籍漫画です。

7SEEDS電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

7SEEDS私のおススメのマンガは田村由美先生の7SEEDS!!一言で言えばSF少女マンガです。

私自身SF物って映画や他のマンガでは絶対にありえないジャンルなんですが(笑)このマンガは単なるSFっていう訳ではなく、ストーリの中に友情あり、恋愛あり、そして人間の複雑な心情が上手く描かれていて、ストーリーが進むにつれてどんどん惹きこまれていっちゃいます。

また、田村先生が描かれる“いかにも少女マンガ!!”という絵とガチガチのSFストーリーのギャップ!!これまた面白いんです!!!!

事の始まりは、「近い将来巨大天体が降り、人類滅亡の危機に晒される」という事で《7SEEDS》というプロジェクトが各国で誕生するわけなんですが、そのプロジェクトの内容が

“若く健康な人間を選び冷凍保存させ、コンピューターが人が住める状態になったと判断したら解凍され放出させる”

・・・何と単純なプロジェクト(笑)

ちなみに日本では「春・夏A・夏B・秋・冬」の5チームで分かれていて、各チーム7人構成。

選ばれる基準は、容姿端麗な者、ある分野で秀でている者、健康な者など優秀な人間が選考されています。

ただ政府はそれだと生命力が弱いかもしれない・・・という事で、夏Bチームは落ちこぼれが集まった訳ですが、不思議な事に集まったメンバー全員の名前には“夏の季語”が入っているんですよ。この辺りの謎も後々解明されるのかな??

という事で世界は滅亡を迎え、ついにシェルターが開いた所から話はスタートするのですが、所々に付箋があってそれを考察するのもまた醍醐味です!!

単なる少女マンガじゃ物足りない!!という方、SF大好物!!またそうじゃない方も(笑)必ずハマりますよ♪電子書籍版もありますので1度読んでみて下さい。

7SEEDS

プリキュウ電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

プリキュウ何階も読み返したくなる少女漫画「プリキュウ」

「電撃デイジー」で有名な最富キョウスケさんの1冊読み切りの電子書籍化少女漫画です。

「プリキュウ」は膝の怪我によりバレエをあきらめた元天才プリマの主人公、葛城 杏奈(かつらぎ あんな)と、彼女の幼馴染&宿敵で、同じ高校の弓道部の部長、陣内 健(じんない たける)の青春弓道ラブコメディです。

主人公がひょんなことから入部した弓道部で、元天才プリマから一人前の弓道部員へと成長していく様子が描かれています。勿論少女漫画なので杏奈と陣内の恋も発展していきます。

話の中にはギャグパートもふんだんに盛り込まれていて、テンポよくお話が進んでいくところが特徴です!

ギャグパートと通常の(真面目な?)シーンもメリハリがしっかりついていて、グダグダになっていないところも素晴らしいな、と思います。

努力と根性で、始めたばかりの弓道を上達させていった杏奈のように、何かを一生懸命頑張ろうと思えてくる、そんな作品です。

よつばと!電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

よつばと!私は「よつばと!」という漫画がオススメです。

「あずまんが大王」の作者、あずまきよひこが作者です。

あずまんが大王よりは萌え要素は少なく、カテゴリ分けすると、まったり系…というようなものでしょうか。

主人公は5歳の少女、小岩井よつば。

とーちゃんとの2人暮らし。

お隣さんの綾瀬家の家族や、とーちゃんの友達のジャンボ、地域の人々などが出てきて、よつばの成長記録のような漫画です。

時に怒られ、時に泣き、沢山笑っての毎日を過ごすよつば。

とーちゃんとよつばは血縁関係はない、訳ありの家族らしいですが、その部分はまだ濁してあります。

真相が気になるところです。

最近、ダンボーというキャラクターが人気ですが、ダンボーとはよつばと!の作中に出てくるキャラクターなんです。

段ボールでできたエコのロボットで、綾瀬家の末っ子の恵那とその友達のみうらが作った夏休みの自由研究なのですが、よつばはダンボーは本当のロボットと信じており、ダンボーとよつばの会話のやりとりなども面白いです。

よつばの夢を壊さない周りの優しさも出てきて、心温まる漫画です。

アラサーちゃん電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

アラサーちゃん最近のオススメ漫画は「アラサーちゃん」という作品です。

キャラクターはそれぞれカテゴリ分けされた名前で表現してあります。

主人公のアラサーちゃん、オラオラくん、ゆるふわちゃん、非モテちゃん、文系くん、大衆くんなど…

名前でどんなキャラクターかがわかるようになっています。

主に女性向けの内容となっておりますが、女性の本音などが沢山表現してあるので、男性が見て勉強するのもよさそうです。

大人女子のモテテクや性の悩みなどの内容が多いので、中高生には意味がわからない部分もあるかと思います。

ただ、偏った内容もあるので、本気にせずに「こういう考えの女性もいるんだな…」くらいに気軽に読んだ方がいいです。

本当に大人向け…ですが、アダルト指定はされておりません。

四コマ漫画なので、気軽に暇つぶしや通勤中などでも読めます。

Kindleのような電子書籍でも配信されていますので、表紙などが気になる方にはこちらがオススメです。

今はテレビドラマ化もしており、アラサーちゃん役は壇蜜さんです。

BANANA FISH電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

BANANA FISH30代後半から40代前半にオススメのBANANA FISH

高校時代に友達にすすめられて読んだBANANA FISH。ちょっと治安の悪い頃のニューヨークが舞台だしベトナム戦争の話題も出てくるので、若い人よりも30代後半から40代前半の女性におすすめだと思います。このマンガを教えてくれた友達には本当に感謝しています。私、本気でアッシュに恋しちゃいましたから。

アッシュが唯一心を開く、英二に嫉妬してしまうくらいでした。確かアッシュは英二に出会う前、恋人がいたけど敵に殺されてしまうんですよね。それ以来、恋愛はできない・しなくなったとか。そして、ストリートキッズのボスという肩書や外見だけで近寄ってくる女は願い下げだとも語っています。高校生の時の私は、アッシュの理想の女性になろうと密かに努力していました。報われない努力を。バカみたいに思われるかもしれないけど、当時の自分を私は嫌いではないです。

このマンガの主題の1つはたぶん、「運命は変えられるのか?」という事だったと思うのですが、アッシュが最終話で死んでしまったので「運命はやはり変えられないのか」と思い、非常に暗い気持ちになりました。アッシュには日本に来てほしかった。人生を変えてほしかった。結局いまだにあの世の天国でも地獄でもないどこかで、ゴルツィネに囚われ・争っているのかなぁと思うと切なく悲しくなってきます。エンディングは唯一納得できないのですが、アッシュのカッコよさは本当に日本の漫画史上最高だと思うので電子書籍で読むのもオススメです。

花よりも花の如く電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

花よりも花の如く夢中で読める、能が身近に感じる「花よりも花の如く」電子書籍オススメ

新刊が出るのがとっても楽しみな白泉社刊の成田美名子さんの「花よりも花の如く」。

この漫画家さんの漫画はどれも面白くて大好きですが、何よりも舞台となる土地や文化と密接に関わったストーリーが面白く、興味がそそられます。

この漫画は、東京や日本各地が出てきて、その土地を舞台にした能や関連する能を主人公が舞うために巡ったり、調べたりします。そして、登場人物とのエピソードが進んでいきます。たくさんの登場人物が出てきますが、その誰もが魅力的で、それぞれの個性が際立ちます。

主人公が能や新しい課題を乗り越えようと努力したり、苦心したりしながら、気づきと成長を重ねていきます。そんな心理が細かく描かれていて、読んでいると自分もたくさんの気づきを得ることができます。そんな気づきをたくさん得ながら、ストーリーが進むのがとても面白く、あっという間に読めてしまいます。

人間って弱いけれど、強い部分を誰もが持っていて、自分で自分を乗り越えようと努力できるものなんだな、と思えます。