鋼の錬金術師電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

hagane
「鋼の錬金術師」は、無駄のない漫画です。

「鋼の錬金術師」は、少年漫画の中でも短いタイプの作品です。
しかしその中身は、とても27巻で終わっているとは思えないほど、濃い作品です。
その理由は、一ページの無駄もないからです。
多くの漫画の場合は、第一話目は、ストーリーとは直接関係がなく、登場人物紹介のための話…ということが多いです。
この作品も最初はそうかと思いますが、読み進めていくうちに、第一話目から、ストーリーの本筋と関係のある話だとわかっていくのです。
全ての話、ページが、必要なページなのです。
つまり、最初から最後まで適当には読めず、しかし、しっかりはまれて、一気に読み進められてしまう作品です。
また、この作品の一番の魅力は、登場人物たちの一人一人の人間性の高さです。
一人一人が自分の夢や考え方がはっきりしており、自分を持っているのが感じられるのです。
主役であるエドやアルの味方側でも敵側でも、全ての登場人物が一所懸命生きているのです。
この作品を読むと、自分も夢に向かって頑張ろうと思うことができ、全ての人におすすめする電子書籍漫画です。

ebj