ハチミツとクローバー電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

hachimitu
「ハチミツとクローバー」はきゅんきゅんします。

「ハチミツとクローバー」は、美大に通う男女5名の青春恋愛ストーリーのコミックです。
5人それぞれが、将来や恋愛に悩みを抱えています。
進路のことでも、恋愛のことでも、どちらの悩みも、とても現実的で、自分に重ねて考えられるコミック漫画です。
抱えている悩みそのものは、漫画なので少し大げさかもしれませんが、それぞれの登場人物が思う感情の一つ一つがとてもリアルなのです。
中でも、恋愛に関しては共感できる部分がたくさんあり、きゅんきゅんします。
特に、5名の中の一人である、アユミという女の子の恋愛が切ないです。
好きな男の子がいますが、彼にはほかに好きな女性がいるのです。
そして、アユミは既に告白済みで振られ済みなので、絶対に自分に振り向くことがないことは分かっているのに、諦めきれないのです。
好きな気持ちは消そうと思っても消えないのです。
好きな人に少し触れただけで、話しただけで、声をかけてもらっただけで嬉しく思うなどの、細かな感情にとても共感します。
今恋をしている人には是非読んでもらいたい電子書籍漫画です。

ebj