ワンピース電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

onpiece
布石が打ってあるワンピース

私がおススメしたい漫画は「ワンピース」です。
ワンピースは1997年から連載が開始した漫画なのであと2年で連載20年となります。

長連載なので電子書籍で購入しています。

今の細かい丁寧な画とは違って連載当初の画はとてもシンプルで話も単純でした。
そして最初の頃の話も布石はほとんど打っておらず、作者の尾田栄一郎氏もこれほど長い話になるとは思っていなかったでしょう。

個人的に注目して欲しいのは覇気のシステムです。
今、ルフィに限らず新世界の猛者たちが体得している覇気のシステムはシャンクスがルフィを助ける際に使った能力が最初という形になっていますが、
第一巻の内容を見るとシャンクスほどの実力の持ち主が近海の主一匹すら気絶させられないという点からしてこの時には覇気の存在自体考えていなかったものと予想できます。
覇気をちゃんと布石として打ってあるシーンは空島編でエネルなどが扱う「マントラ」という能力で、
これはいわゆる見聞色の覇気に該当しますが前後の話から違和感がないので恐らくこの辺りから覇気のシステムを作り上げたのでしょう。
アラバスタ編では自然系(ロギア)の能力者であるクロコダイルの弱点が水ということで話を進めることが出来たわけですが、
これから先、光や氷といった様々な自然系の能力に対抗出来る手段がなくなるとルフィが活躍することが出来なくなるということで自然系の能力を無効化する力を生み出したのだと思います。

こういう点も読む上で注目して欲しいところでもあります。
一見、覇気は第一巻から一貫して存在しているように見えますが、実はアラバスタ編が終わった後に覇気の布石を打っているということが理解できたらかなりのワンピース通になれるでしょう。

ebj