BASARA電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

basara
漫画BASARAは泣けます

私が15年以上前から愛読している漫画が田村由美さんのBASARAです。
物語は双子の兄タタラに代わって主人公の更紗が国を治めている悪王を倒していくというものです。
更紗は兄の代わりをするので男として仲間を集めて戦っていくのですが女の更紗として出会うのが朱里という男です。
本当は最も倒すべく相手なのですがお互い知らずに出会いひかれあってしまうのです。
もちろん物語の中盤くらいでお互いの正体がわかってしまうのですがこれがとてもせつなく書かれています。

お互いの正体がわかったあとも戦いは続いてゆくのですが更紗の女としての気持ちと兄の代わりとして戦っているタタラとの気持ちが葛藤しているのがよくわかります。
更紗を支えるのが全国から集まった仲間たちなのですが命をかけて国を変える姿に心打たれます。

クライマックスはどのようになるのかよめませんでしたが納得のおさめ方でした。
脇役達のストーリーやキャラ設定もしっかりとしていて電子書籍漫画を読んでいると気持ちが入り込め私は何度泣いたかわかりません。

ebj