名探偵コナン電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

名探偵コナン2
名探偵コナンの魅力を改めて見直してみた!

名探偵コナンといえば、知らない人がいない位有名な推理マンガですよね。
ストーリーは工藤新一という超有名な高校生探偵が、ある日ガールフレンドの毛利蘭とアミューズメントパークへ行ったとき、ある組織の犯行を目撃してしまう。
すると背後から突然殴りかかられ、気絶。
その際、体を小さくするクスリを飲まされ、新一が気付いた時には体が縮んでしまっていた。
その後、阿笠博士(新一が昔から信頼している博士)の家で事情を話し匿ってもらっていたのだが、蘭に見つかり問い詰められる。
追い詰められた新一はとっさに、うしろに並べてあったコナン・ドイルと江戸川乱歩の小説を見つけ、二人の名前を取り、『江戸川コナン』と名乗り、漫画『名探偵コナン』は始まる。

そしてコナンと毛利蘭、その父親でダメ探偵の『毛利小五郎』との三人が、例の黒の組織に巻き込まれながら、あるいは組織の内部を暴きながら活躍するというストーリー。

黒の組織には『あのお方』と呼ばれるボスがいるのだが、作者である青山剛昌は原作の2巻以降に出ていると発言している。
その発言の影響もあって、ネット上では『あの方』探しも盛り上がっている。

事件の推理に謎を呼ぶ黒の組織。

今後、黒の組織がどのように動くのか。
常にワクワクさせてくれる電子書籍漫画です。

ebj