僕等がいた電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

僕等がいた「僕等がいた」レビュー、読むと不思議に思うこと感想等

小畑友紀さんの「僕等がいた」は途中お休みもありましたがやっと完結した作品です。
昔からかかさず買っていたいつも手元に置いておきたかった電子書籍漫画の1つでもあります。
心に深い闇をかかえた、誰もが認めるイケメンの矢野と矢野の事が好きな七海。
矢野の事情は決して普通の高校生にはあんまりない話なんですが、「矢野」「高橋」と名前で呼び合ったりしている部分がすごい等身大で
本当にあるように感じます。
後半からは、現実とはかけはなれた暗い過去を背負ってしまう矢野ですが
姿を消した矢野を七海は忘れられませんでした。
そんな七海をずっと好きだった竹内くん。
この竹内くんがすごいいい人で、矢野の友達でありながら、矢野の彼女である七海を好きなってしまうのですが
奪おうとしたこともあったんですが、結局ふたりを応援した男の子なんです。
私が不思議に思うのは、七海は絶対に竹内くんとくっついた方が幸せになれたし
何年も片思いしていて、本当に優しい竹内くんのことわたしも大好きなんですが
矢野と再会して結ばれる結末をどうしても願ってしまうことです。
わたしだけでしょうか?
竹内くんはあんなにかっこいいのに、七海は矢野とくっついてほしい・・
読者の勝手な願いだったんですが、最後までそう願って読んでしまいました。

アオハライド電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

アオハライド最近おすすめの電子書籍漫画は「アオハライド」

咲坂先生の作品は「ストロボ・エッジ」も読みましたが
「アオハライド」もすっごいおもしろいです。
2作ともいえることなんですが、高校生の恋愛事情を描いた作品です。
読んでいると自分も高校生に戻ったみたいな気分になってうきうきしちゃいます。
ちょっと暗い過去を抱えた洸と、洸のことが好きな双葉のお話です。
双葉がすっごく普通の女子高生で、感情移入しやすいところが特におすすめ。
女の子だったらだれでもドキドキしちゃうと思います。
さらに、女子にはたまらないたくさんのイケメンが登場します。
基本的には洸と双葉の話なんですが、双葉を好きになる菊池くんの存在や
双葉の友達たち、とその彼氏などたくさんの登場人物がいて
それぞれが考えることがいちいち等身大なんです。
本当の高校生の間でもありそうな友達同士の感情とかが
細かく出てくるので、みんなに感情移入して、みんな大好きになっちゃいます。
好きだとか、好きだけじゃだめだとか、友達には幸せになってほしいとか
そういう細かい気持ちが描かれた「アオハライド」
青春の代名詞だといっても過言ではないような作品です。

ときめきトゥナイト(真壁俊の事情)電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

ときめきトゥナイト(真壁俊の事情)ときめきトゥナイト(真壁俊の事情)レビュー。

20数年前にリボンで連載を読んでいた「ときめきトゥナイト」。

懐かしくなり電子書籍で購入しました。

最初のカップル、真壁俊と江藤蘭世の話を、連載終了数十年後に、今度は真壁俊の視点で書いている電子書籍版の漫画です。
作者の池野恋先生は、当時の絵柄・雰囲気を崩さないように気をつけて書いたそうです。
「何十年も立っているから、絵が違ってるんじゃないの?」と思うかもしれません。
実際、私もそう思っていました。
しかし、そこまで変わってない絵で全く気になりませんでした。
あの頃ドキドキしながら読んでいたものが、また違った視点で読めるのがすごく新鮮でした。
俊はあまり表に出さない、言葉にしない人物なので、あの時のあの表情や少ない言葉は、こんな気持ちで言っていたのか・・・と
また昔の「ときめきトゥナイト」を読み返したりしました。
俊のお母さんの話も新エピソードとして入ってます。
「ときめきトゥナイト」の俊と蘭世を読んでドキドキしていた世代には、是非読んで欲しい本です。
あの頃のドキドキがまた蘇ってきます。

関根くんの恋電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

関根くんの恋「関根くんの恋」読んでます。

最近、関根くんの恋をタブレットの電子書籍コミックで読んでます。
胸キュン成分たっぷりで、読むたびにキュンキュンしてしまいます。
最初、読み始めたときはうわーまじですかーってなったんですけど、
読んでいくうちに、関根さんが気の毒でしょうがなくなるというか
でも、読み進めるのをやめられないんですよ!

関根さんを見ていると応援したくなるんですよね。
あまり自発的な人じゃなかった関根さんがちょっとずつ変わっていくというか
成長していくというか、恋するって素敵ですよね。
恋している人って現実で見てても応援したくなるじゃないですか。
恋している関根さんも応援したくなるんですよね。

恋したい、です。
現実での胸キュンがほしいです。圧倒的に不足している成分ですよ!
イケメンにドキッとさせられたいです!
しかし、身近にイケメンがいないんですよ!なんと嘆かわしいんだ!
関根さんみたいなインテリイケメンと出会いたいです。
出会うだけでいいんです。
何なら、恋の応援したいです。
それだけで胸キュンできるので。
むしろ、自分に矛先が来ると死ぬので。

デウスXマキナ電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

deusuxmakina烏丸渡 「デウス X マキナ」の感想

オススメと言ったら、この漫画ですね。
「デウス X マキナ(でうすえくすまきな)」

「機械じかけの神」を意味する言葉ですが、同時に本作の二人の主人公の名前でもあります。
表紙には、金髪ツインテール、キツい目つきで銃身を切り詰めたショットガンの様な銃を持つ少女が描かれていますが、彼女が「マキナ」。
ドSかと思うほど誰に対しても容赦が無く、人間的な「情」を持っていないかの様に思われます。
彼女こそは、かつての対戦で使用され、その後野放しとなっている兵器「クロックワーカー」を取り締まる「帝国機兵管理局」の破壊処理官なワケです。

冷酷かつ非情な彼女と対照的に、相棒のクロックワーカー「デウス」は温和で紳士的。
巨体に似合わぬ細かな心配りで、マキナのフォロー役を務めている・・・とまぁ、絵に描いた様な凸凹コンビです。

しかし、一旦、戦闘となれば、このコンビの息はピッタリで、大小のシルエットが同時に同じ動きを見せる時すらあります。
様々な強敵が二人の前に立ちはだかりますが、マキナは顔色ひとつ変えません。
名を問われれば必ず、傲然とこう言い放ちます。

「私はお前を破壊する者だ!」

ラブ☆コン電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

ラブ☆コン笑える恋愛漫画ラブ☆コン

背の小さい大谷君と背の高い小泉さんとのデコボココンビによる恋愛漫画です。恋愛漫画といってもいわゆる少女漫画のキラキラした王子様を平凡な女の子が追いかけるという設定とはかけ離れています。大谷君も小泉さんもコンプレックスだらけで、しかもヒロインのハンパじゃない変顔がよく登場します。設定も関西なので関西弁とボケとツッコミが飛び交うコメディのような漫画で本当に面白いです。ノリが関西なので他の地域の人にはピンとこない感じもあるかもしれません。
他の登場人物も個性豊かというか変な人が多いです。まわりの人に主人公が振り回されてしまいます。
言い合いばかりしてる二人ですが、たまに素直になるとキュンとする場面もあります。うまくいかなくてもどかしい感じやいつも明るいヒロインが落ち込んでいる時は応援したくなります。漫画の世界というよりは自分の日常でもありそうなシチュエーションなので、共感できますし入り込んでしまいますという感想です。
笑いありというか笑いがメインのような漫画なので、恋が動くシーンは余計にキュンキュンします。

Fate電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

Fate今更Fateを読んでいます。

職場の知り合いから勧められたのですが、残念ながらゲームで体験出来るハードを所持していなかったので仕方無くです。stay nightからだろうな、と感覚と口コミで判断して一気に大人買いしたらどハマりしてしまっています。

最初はなかなか世界観が掴めずに苦戦したのですが、まず好きなキャラを見付けようと思いまして。早速凛にハマって次はマスターじゃなくなる前後のイリヤに惚れました。そしてやっと3人目にアーチャーを好きになるのですが、同性である女性に好感を持てる漫画は私の中で珍しいです。

何だかんだ言いながら主人公を心配して時には優しく、そして厳しく見守っている様子が凄く可愛らしくて。アーチャーとの関係性も、依存し過ぎてないけれど決して道具とはみなしていないのがありありとわかるので私好みでした。

私に勧めた人曰く、中二病気質があれば多分ハマるとの事でした。しかし、そんなものは一切関係無く敵味方全てのキャラが魅力的に見えるFateは本当にお勧めです。今はZeroを読み始めているのですが、これはこれでまたどんな展開になるのかが買い揃えてない段階でとても楽しみな漫画です。

カリフォルニア物語電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

カリフォルニア物語カリフォルニア物語はオススメです。

吉田秋生さんの名作中の名作です。とても古い漫画ですが、電子書籍コミック版で買えます。別の名作 Banana Fish は巻数が多いので、ちょっと買ってみるか、というにはハードルが高いかもしれませんが、カリフォルニア物語は文庫で全4巻なので、気軽に大人買いしてもよいでしょう。画風が一巻から四巻にかけて激変していくのが微笑ましいですが、それよりなにより人間どうしのやりとりが、とても血が通った様子で描かれていて読み応えがあります。作者はこのころ二十歳くらいのはずで、文字通り天才ではないかと衝撃を受けます。
舞台は古き日のアメリカで、青年たちが様々な葛藤を、越えたり、またはつまずきっぱなしだったりします。なんか、あらすじがこう、と表現しづらいのですが、ストーリーがどう、というより、思春期の人が読めば沢山の共感に救われ、大人になった人が読めば蒼かった日をなつかしめる良い作品です。
ところでなぜか作者は「微妙にゲイ」なキャラを沢山登場させるのが好きです。BL系とは全く違いますが、なにか違和感を感じる人は、いるかも。

とある科学の超電磁砲(レールガン)電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

とある科学の超電磁砲アニメから入った「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の感想レビュー

私は、アニメを見てから、その原作のライトノベルやコミックスを見ることがあります。とある科学の超電磁砲(レールガン)は、その中の1つになります。
とある科学の超電磁砲は、もともと、とある魔術の禁書目録というライトノベルの人気キャラである御坂美琴を主人公としたスピンオフという位置づけでスタートしました。
御坂美琴は、強力な能力を持つ超能力者なのですが、正義感が強くそのため色々な事件に巻き込まれます。ですが、持ち前の明るく前向きな性格により、どんな困難も正面からぶつかり突破していきます。そういうところが、とても面白く感じます。
そして、御坂美琴は、ツンデレでもあります。御坂美琴は、とある魔術の禁書目録の主人公である上条当麻に気があるのですが、本人を目の前にすると強がってその気があることは微塵も見せません(なので上条当麻も自分に気があるとは気が付いていません)。ですが、ときどきデレて、いい雰囲気になったりします。そのギャップがニヤニヤしてしまいます。
こちらは、今秋から新章に突入しますが、御坂美琴がどんな強さとどんなツンデレを見せてくれるか楽しみです。

新世紀エヴァンゲリオン電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

ついに完結「新世紀エヴァンゲリオン」
新世紀エヴァンゲリオンというと、言わずと知れた大ヒットアニメですが、実は、原作漫画というものがあります。テレビ放送が開始される少し前から連載開始され、アニメが大ームとなり、さらに数年後映画が公開され、社会現象となるなか、何度か休載はしましたが、コツコツと連載されました。
そして、21世紀になり、エヴァンゲリオンが、ヱヴァンゲリヲンとなり新たに映画化される中、ようやく完結しました。私は、連載を見ていなかったので、最終巻のコミックスが発売されるのを待ちわびていたのですが、ようやく今秋発売されることになりました。
エヴァンゲリオンは、TVアニメでは完結せず、完結編と銘打たれた映画は、よくわからない終わり方をしたので(映画館で見ていて、これで終わり?と呆然としたものです)、漫画はどのように終わるか大変楽しみです。漫画が満足できる終わり方を示してくれるのであれば、私の中のエヴァンゲリオンは完結した、と思うでしょう。もし、満足できなかったら?その時はしかたありません、エヴァンゲリオンとはそういうものだ、と受け入れるしかないです。
とりあえず、今は、最終巻の発売をいまかいまか、と待ちわびています。