こどものおもちゃ電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

kodomonoomocha
「こどものおもちゃ」は、笑って、学べる漫画です。

「こどものおもちゃ」の主人公は、人気子役のサナです。
物語は、サナやサナの家族、友人達の日常生活を描いているお話です。
日常生活の中でサナやサナの友人で後の恋人となるアキトは、いつも何かしらの悩みを抱えています。
普段は面白おかしい登場人物たちですが、悩みにぶち当たると、一所懸命解決方法を考えるのです。
基本は一ページに一度は笑えるというほど、ギャグセンスの高い作品です。
特にサナや、サナの母親ミサコは、本当に面白い登場人物です。
そんな面白おかしい登場人物であっても、考えるべきところは真剣に考えるため、とても感情移入しやすいのです。
また、その悩みというのが、友情関係の悩みや恋愛関係の悩みといったものだけではないのです。
血のつながりという悩みだったり、命にかかわる悩みだったりと、大きな悩みまで抱えて、まわりの大人に助けられながら解決していき成長していくのです。
子どもが読んだら、楽しみながら自然と色々な大切なことを学べる電子書籍コミック漫画です。
もちろん、大人も改めて考えさせられる部分もたくさんあるので、子どもにも大人にもおすすめですよ。

こどものおもちゃ電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

こどものおもちゃ
『こどものおもちゃ』がおすすめです。

このマンガは、小学生向きのマンガではありますが、大人が読んでも面白いです。
電子書籍化の漫画単行本で10巻と長さもちょうどよく、内容としては、最初から最後までとにかく笑えます!
主人公のサナは、子役の女の子で、そのサナと同級生のハヤマとの成長物語のようなお話です。
とにかくサナと、サナの母親ミサコのギャグセンスが高く、とても笑えて面白いです。
しかし、このマンガの素晴らしいところは、笑えるだけではないところです。
生きること、恋愛にかんすることなどの重要なことに関しては、しっかり伝えているのです。
ほとんどのページで笑えるこのマンガですが、大切なことを伝える部分に関しては、登場人物たちもみな真面目に伝えてくれます。
普段おちゃらけているからこそ、急な真面目な部分もまっすぐと心に響いてきます。
すべて読み終わった時には、様々なことを学び、心がジーンとして終わるようなマンガになっています。
何度も言うように、笑えるので、読みやすくもあり、とてもオススメです!