喰う寝るふたり住むふたり電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

喰う寝るふたり住むふたりすでにドラマ化もされ、知名度もあがってきた喰う寝るふたり住むふたり

やはりドラマ化されるだけの
漫画の魅力がそこにはあります。

私はドラマは見ていないのですが、
漫画はドラマが始まる前に
この電子書籍コミック漫画に出会いました。

ふとぶらり本屋さんに寄って
最新刊コーナーを物色していた時に
お?と気になったのが最初です。

文字タイトルながっ!
ほのぼの系かな?どんな話なんだろ?
と思ったのが最初の印象で
一回目に見た時は結局買いませんでした。

けれどもう一回本屋に行ったときに
やはり気になっていたので思わず購入。

読んでみたらこれまた面白い。
なんというか、人と一緒に
暮らしたくなる漫画です。

人と一緒に過ごすのって
あったかいんだなと
付き合いたてのカップルや
同棲中のカップル、夫婦に
是非読んでほしい漫画です。

そして独り身で読むのには
少しつらい漫画かもしれません。
なんというか…すごくさみしくなります。

彼氏目線と彼女目線で
話が展開していくのが
非常に面白く特徴です。

男女共にあるある~わかる~と
共感してしまうこと間違いなしです。

喰う寝るふたり 住むふたり電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

喰う寝るふたり 住むふたり喰う寝るふたり 住むふたり

交際10年、同棲8年目のアラサー・カップル(町田りつ子と野々山修一)をお互いの目線から、細かな心理描写を加えつつ日常の出来事をただただ描いていくという電子書籍化漫画です。
特別大きな事件があるわけでもなく、特別問題にぶちあたるわけでもなく、互いがどう考えどう想い合っているかをうまく表現した内容となっています。
当方は30歳を迎える既婚男子なのですが、2,3年前の結婚間もない時の新鮮な気持ちを再度思い出させるようなあまずっぱいような歯がゆいようなそんな気持ちにさせてくれる漫画です。
特に二人が気持ちを改めて箱根へ小旅行に行く回が本当によく考えられていて、わかるわかる、あるあるの連続でした。
いつもお互いの事を考えているようで実はお互いなにも理解できていなかったんだなと、理解を求めてはいけないんだなと思い返させられました。
小西真奈美と金子ノブアキさんでドラマ化されたこともあり、今後の展開も目が離せない漫画の一つです。