超訳百人一首 うた恋。電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

百人一首を現代風に解釈した

百人一首といえば、藤原定家が編纂した百人の歌の名手の歌を1句づつ集めた歌集ですが、内容は、恋の歌から、故郷を思う歌まで様々な内容となっています。

そんな百人一首を現代風に解釈して漫画にしたのが、「超訳百人一首 うた恋。」です。

登場人物は、衣装などはともかく、顔は現代風のイケメンや美人になっており、まるで少女漫画のような雰囲気となっています。ですが、内容は、百人一首の内容に準じており、身分違いのために引き裂かれた恋や、遠く離れ離れになった恋人達など、結構重く、ずしるとくるストーリーとなっています。

百人一首には恋の歌が多く、また悲恋の歌も結構あることから、漫画の内容もそれに沿った感じになっています。

これを読んで、百人一首に興味を持つ人もいるかもしれません(百人一首関連では、ちはやふるという名作もありますが)。古典だからといって、百人一首を食わず嫌いで読まないよりも、こういう電子書籍漫画を通して百人一首に興味を持つのも悪くはないと思います。