虫と歌電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

mushitoutaオススメ漫画市川春子「虫と歌」

私がおすすめしたい電子書籍漫画は市川春子先生の「虫と歌」です。

この漫画は短編集になっていて、表題の「虫と歌」をはじめとした5作品が収録されています。どの作品もSFチックな雰囲気を日常生活の中に自然に取り入れたような不思議な魅力を持っています。
独特の世界観で描かれた物語はどれも美しく、私に感動と切なさ、そして少しの混乱を与えてくれました。この方の作品を一度読んだだけで全て理解できる人はおそらく居ないでしょう。
それほどの情報量が短い短編の中に、ひとつひとつのコマにぎっしりと詰め込まれています。何度も何度も読み返して、そのたびに新しい発見があり、その作品の解釈が変わる、そんな不思議な漫画です。
表題である「虫と歌」では、主人公の少年「ウタ」とカミキリムシの「シロウ」との触れ合いを描いた物語です。
この作品を最初に読んだときは、あまりの結末に涙が止まりませんでした。主人公やシロウに隠された秘密、そして彼らの人生。読む人によってきっと解釈は変わるのだと思います。
漫画を考察することが好きな人、不思議な雰囲気を味わい人にはぜひこの「虫と歌」をおすすめします。