ときめきトゥナイト(真壁俊の事情)電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

ときめきトゥナイト(真壁俊の事情)ときめきトゥナイト(真壁俊の事情)レビュー。

20数年前にリボンで連載を読んでいた「ときめきトゥナイト」。

懐かしくなり電子書籍で購入しました。

最初のカップル、真壁俊と江藤蘭世の話を、連載終了数十年後に、今度は真壁俊の視点で書いている電子書籍版の漫画です。
作者の池野恋先生は、当時の絵柄・雰囲気を崩さないように気をつけて書いたそうです。
「何十年も立っているから、絵が違ってるんじゃないの?」と思うかもしれません。
実際、私もそう思っていました。
しかし、そこまで変わってない絵で全く気になりませんでした。
あの頃ドキドキしながら読んでいたものが、また違った視点で読めるのがすごく新鮮でした。
俊はあまり表に出さない、言葉にしない人物なので、あの時のあの表情や少ない言葉は、こんな気持ちで言っていたのか・・・と
また昔の「ときめきトゥナイト」を読み返したりしました。
俊のお母さんの話も新エピソードとして入ってます。
「ときめきトゥナイト」の俊と蘭世を読んでドキドキしていた世代には、是非読んで欲しい本です。
あの頃のドキドキがまた蘇ってきます。