とある科学の超電磁砲(レールガン)電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

とある科学の超電磁砲アニメから入った「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の感想レビュー

私は、アニメを見てから、その原作のライトノベルやコミックスを見ることがあります。とある科学の超電磁砲(レールガン)は、その中の1つになります。
とある科学の超電磁砲は、もともと、とある魔術の禁書目録というライトノベルの人気キャラである御坂美琴を主人公としたスピンオフという位置づけでスタートしました。
御坂美琴は、強力な能力を持つ超能力者なのですが、正義感が強くそのため色々な事件に巻き込まれます。ですが、持ち前の明るく前向きな性格により、どんな困難も正面からぶつかり突破していきます。そういうところが、とても面白く感じます。
そして、御坂美琴は、ツンデレでもあります。御坂美琴は、とある魔術の禁書目録の主人公である上条当麻に気があるのですが、本人を目の前にすると強がってその気があることは微塵も見せません(なので上条当麻も自分に気があるとは気が付いていません)。ですが、ときどきデレて、いい雰囲気になったりします。そのギャップがニヤニヤしてしまいます。
こちらは、今秋から新章に突入しますが、御坂美琴がどんな強さとどんなツンデレを見せてくれるか楽しみです。