スラムダンク電子書籍コミック漫画の感想レビュー・口コミ

スラムダンク名言多し、スラムダンク!!

中学時代に大好きだった漫画がある。
バスケ漫画の金字塔、「スラムダンク」だ!!
バスケにはさほど興味がなかったのだが、流川をはじめ登場人物がみなかっこいいので、スラムダンクが好きになるにつれバスケも好きになっていった。
スラムダンクといえば、ミッチーの「安西先生、バスケがしたいです」や安西先生の「諦めたらそこで試合終了だよ」が有名だけど、漫画のことばって結構心に響くものがあって、私も安西先生のことばには随分助けられた。
私と同じような人も多いんじゃないかと思う。ドラマにも使われていたしね。
弱かった湘北がだんだんチームとして成長して、強豪校に勝てるようになっていくところも応援したくなる要素だなぁと思う。
バスケがわからない人向けにルールの解説が入っているところもうれしくて、おかげでルールやバスケ用語にも詳しくなった。
スラムダンクの見どころは語りつくせないけれど、一ファンとしてはクールな流川が花道にハイタッチしたシーンが印象に残っている。
実力を認めた証だと思うと、ジーンときてしまう。
まだ読んだことがない人にはぜひ読んでほしい漫画です!!